四季こもごも

主に読書レビュー、グルメに関する記事を書いています。

私が実践した「新版 百式英単語 最速インプット→2023」の覚え方!

読者・購読・フォロー

 

日本語だけで得られる情報は限られる。

f:id:upokopokon:20190615180037j:plain

またまた、かなり久しぶりのブログとなりました。今後は、また以前のように継続的に記事を書いていきたいと考えております。

 

話は変わりますが、私はキャンプ旅行が大好きなので、よく日本人ユーチューバーのキャンプや旅行の動画を見るのですが、最近では外国のユーチューバーの方たちの動画もよく見ています!

 

【例えばこんな人達の動画。】

 

 

しかし、当然ですが、動画内で使われている言語はすべて英語のため、内容を正確に理解することはできません。

 

 

そのため英語、とりわけリーディングリスニングだけでも習得したいと以前から考えていました。

 

  

関先生の本を読んで分かった英語学習の適切な順序とは?

f:id:upokopokon:20190615182455j:plain

 

そんなある日、本屋をプラプラ歩いていた際、スタディサプリの超有名英語教師である関正生先生の著書「世界一わかりやすい英語の勉強法」を発見し、購入して読んでみました。(※この本の紹介はまた後日、別の記事で行いたいと思います。)

 

本書のなかで、関先生は、英語を「一番効率よく勉強できる順番」を次の通りだと説明しています。

  1. 単語・熟語
  2. 文法・英文解釈
  3. リスニング力
  4. ライティング・スピーキング力

 

当然ですが「英語」は「言語」であり、「言語」は「単語」、「文法」、「リスニング」、「スピーキング」などなど多くの要素から構成されています。

 

そんな中、「英語学習者が最も最初に取り組むべきことは英単語の学習である!」ということが説明されていました。

 

関先生が言うなら間違いない!ということで、まず英単語の勉強を始めようと決意しました! 

 

 

「新版 百式英単語 最速インプット→2023」は英単語初心者にピッタシの本!!

f:id:upokopokon:20190615182408j:plain

 

数ある英単語の本の中から私が選んだ本はこれでした。

 

実は、この本で英単語を覚える以前に、おそらく日本でいちばん有名な英単語帳であろう「Duo3.0」を使用して英単語・熟語を覚えようとしました。

 

しかし、当時の私の実力では「まだDuo3.0は難しいな。。」と感じていたので、いずれ「Duo3.0」はやるにしても、その前にもう少し簡単な単語帳をクリアしてからにしようということでこちらの本をチョイスしました。

 

この本の良い点は3つあると思います。 

  1. 一つの英単語に対して意味は原則一つ。
  2. No、位置で単語を覚えれることができる。
  3. 思い出すきっかけとなる語源等が記載されている。

 

まず良い点の1つ目として、一つの英単語に一つの意味しか記載されていないという点です。

 

これによって、一つの英単語に対して複数の意味を覚える必要がないため、非常にシンプルで覚えやすい作りとなっています。

 

2つ目として、各単語にはNo.が割り振られているという点です。

 

No.が割り振られているので、「あー、この英単語は1700番だから、本のあの位置にあった単語だなぁ。」という感じで、No及び単語が記載されていた位置を頼りに思い出すことができます。

 

 

さらに3つ目として、全ての単語にあるわけではないのですが、単語の語源や覚えるためのテクニック・イラストなどが記載されているという点です。

 

語源イラストがあるおかげで、ただ単純に言葉の意味を文字だけで記憶するのではなく、イメージで覚えることができるので、非常に記憶に残りやすいというのも気に入った点でした。

 

私が実践したインプット方法

f:id:upokopokon:20190615183600j:plain

私が実践した英単語のインプット方法は以下のとおりです。

  1. 自宅でTABLE1の単語を「九九方式音読法」で暗記
  2. 音源のTypeAで復習(通勤の往復で約6周くらい聞く。)
  3. 音源のTypeCでクイズ形式で復習
  4. Ankiで確認テスト
  5. この繰り返しでTABLE21まで次々進む!

 

1.自宅でTABLE1の単語を「九九方式音読法」で暗記

 「新版 百式英単語 最速インプット→2023」では「九九方式音読法」という暗記法が提唱されています。

 

 やり方はいたって簡単で、小学生が2×2=4を「ニニンガシ」と覚えるような要領で、例えば「entrance」という単語を覚えたい場合は、「entrance入口、entrance入口」という感じで、「単語」と「意味」をつなげて、素早く2回音読するだけ。ただそれだけです。

 

は?それだけ?

 

はい。それだけです。これを一日20分×7日間続けます。これを続けていくことで少しずつ頭に英単語の意味が定着していきます。

 

ここで大事なことは「少しずつ」ということです。

 

例えるなら、毎日20分薄いピンク色で描いた塗り絵を日々塗り重ねていき、7日後には濃い赤色の塗り絵が完成していくというイメージです。

 

ポイントは「少しずつ」です。

 

ちなみに私は覚える単語を100単語ごとに区切って暗記していました。

 

 

2.音源のTypeAで復習(通勤の往復で約6周くらい聞く。)

自宅での「九九方式音読法」と並行して私が行っていたことは、通勤時に単語の音源を繰り返し聞くことでした。

 

通勤時に「九九方式音読法」を歩きながら、もしくは車の中で実践できる方なら必要ないかと思いますが、私の場合、通勤中に「九九方式音読法」を実践することが極めて厳しい状況であったため、音源を購入しました。

 

音源は別売りのため、こちらのサイトで音源(完全版)を購入しました。

www.100shiki.jp

 

別に「九九方式音読法」だけでも覚えることは可能かと思いますが、より早く覚えたい方は是非、購入したほうがいいと思います。

 

私は購入して正解だったと思っています。

 

ちなみに、最初に聞く音源はTypeAで、こちらは音読の時と同じように「entrance入口、entrance入口」という「単語」と「意味」をつなげて素早く2回音読した音声が収録されているものです。

 

最初はこの音源を通勤の往復で1日およそ6回×7日間聞いて、なんとなく単語を頭に定着させることを意識していました。

 

3.音源のTypeCでクイズ形式で復習

TypeAを聞いて、ある程度頭に単語の意味が定着してきたと感じることができたら、次はTypeCに移行しました。

 

TypeCの音源の特徴は、「entrance (1〜2秒の間)入口」という感じで「単語」と「意味」の間に少し間があります。

 

その1〜2秒の間に「入口!」と答えられれば、その単語は覚えていると判断することができます。

 

TypeCを聞くことで、本当に理解することができたかを判断することができます。

 

 

4.Ankiで確認テスト

f:id:upokopokon:20190615211945j:plain

そして、最終仕上げとして私が行っていたのは、暗記用ソフトウェアのド定番「Anki」を使用してのクイズです。

 

実際のやり方としては以下のとおりです。

 

f:id:upokopokon:20190616075903p:plain

まず、こんな感じで「2013.botany」英単語のみが表示されます。そしたら頭の中で解答を考えます。

 

答えが分かった場合もしくは分からなかった場合であっても、画面をタップします。

 

f:id:upokopokon:20190616075907p:plain

そうすると正解が表示され、画面下には赤・緑・青のボタンが表示されます。

 

これは、この単語を次にどういうタイミングで復習するかどうかを選択するためのボタンとなります。

 

仮に不正解だった場合には赤いボタンの「1m Again」を選択します。そうすると、1分後に再度「2013.botany」と表示されますので、再度そこで解答を考えます。

 

 

次に「正解はできたんだけど、まだスッと答えることができなかった。。」というのであれば緑のボタン「10m Good」を選択します。

 

そうすると今度は10分後に再度「2013.botany」と表示されるので、即答できるかどうかを試してみます。

 

 

最後の青いボタン「4d Easy」は完全に記憶していて、即答できた場合にだけ選択します。そうすると次に「2013.botany」が表示されるのは4日後になります。

 

ちなみに4日後にまた「2013.botany」を「植物学!」と即答できると、今度は10日後とか、14日後、24日後などの選択肢が出てきます。

 

こうやって復習の適切な間隔をほぼアプリが自動で設定してくれるので、わざわざ自分の頭でエビングハウス忘却曲線のことなんかをイメージする必要がありません。

 

このように、暗記アプリ「Anki 」の素晴らしい点は、人間の記憶に残りやすいようなタイミングで復習をすることができる点です。

 

今回の記事はあくまで英単語の暗記法をメインに書いていますので、「Anki」の素晴らしさ及び具体的な活用方法については、また後日、別の記事で紹介します。

 

5.この繰り返しでTABLE21まで次々進む!

f:id:upokopokon:20190616105523j:plain

最初の100語を完全にマスターしたら次の100語次の100語という感じで、最終的に2023語まで仕上げていくだけです。

 

やり方はいたって簡単が、学習が進むに連れて単語の難易度が上がっていくので、最後の方は本当に難しい意味の単語ばかりで結構苦労します。

 

ただ、覚え方は簡単な単語だろうが難しい単語だろうが同じです。

 

コツはとにかく続けること。それだけです。

 

 

英単語学習をやり終えてみての感想!

f:id:upokopokon:20190615234334j:plain

実際に、2023語の英単語学習をやり終えてみて、会話や独り言に英単語が自然に混ざるようになってきました。まるでルー大柴さんのように…(笑)

 

これが果たして英語脳と言うのかは分かりませんが、いずれにせよ英単語学習を始める前よりも今のほうが、明らかに英文を読む際、またYouTubeで海外ユーチューバーの動画を見る際も内容が理解できるようになっていることを感じます。

 

未だに聞き流しで簡単に英語力がアップするあれ(「◯ピード◯ーニング」)の広告をテレビやラジオで目にする・耳にすることがありますが、そもそも文章は単語から成り立っているはずです。

 

「abandon」が「捨てる」という意味を知らずに、その単語が含まれている文章を聞き流したところで、一生意味を理解することはないと思います。

 

まだまだ2023語を完全に暗記したとは言えない状態ですが、とりあえず、ある程度の基礎英単語力は身についたと実感していますので、今後は英文法の勉強をメインにしていく予定です。

 

またいずれ、英文法の勉強方法についてもまとめていきたいと思います。

 

語学に近道はなし。

 

 

今日はこんな感じで失礼します。

  

 

ご覧頂きありがとうございました!良ければブックマークお願いします♬ 

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com