四季こもごも

主に旅の情報、クレジットカード、マネー関係、読書レビューを中心の記事を書いています。尊敬している人は高城剛、CaseyNeistat♬

電子書籍と紙の書籍の読書レビュー記事を効率的に書く方法をそれぞれ紹介

読者・購読・フォロー

f:id:upokopokon:20170809213246j:plain

最近のぼくは読書をする際、iPadのアプリkindleを使って読書を楽しんでいます。

 

なので、紙の本を読む機会がめっきり減ってしまいました。しかし、電子書籍化されてない本もまだまだあるため、そういう場合は紙の本を買って読むことがたまにあります。

 

僕は、よく読書レビューをこのブログで書くのですが、電子書籍」と「紙の書籍」とでは「レビューの書く際の手順」に違いがあります。

 

そこで今日は、電子書籍の場合と紙の書籍の場合それぞれの読書レビュー記事の効率的な書き方について説明したいと思います。

 

電子書籍の場合

f:id:upokopokon:20170809213318j:plain

ご存知の方がほとんどだとは思いますが、タブレットスマホで読むことができるkindle は、気になった箇所をハイライト(文章に線を引いて目立させること)ができます。

 

紙の書籍でも気になった文章に蛍光ペンで線を引くことはできます。しかし、「kindle」の場合は、ハイライトした箇所を簡単に集約してくれるサイトがあるのでご紹介します。

 

f:id:upokopokon:20170809202612p:plain

まずこちらのサイトに行きます。

 

f:id:upokopokon:20170809202929j:plain

そして、「自分のAMAZONのアカウント」でログインします。

 

f:id:upokopokon:20170809203312j:plain

そして「Your Highlights」を選択します。

 

f:id:upokopokon:20170809203710j:plain

そうすると、自分が過去に購入した電子書籍が表示され、かつ過去に自分がハイライトした箇所が集約されています。あとは引用したい文章をコピペしてブログに貼り付けて しまえば簡単に読書レビューを書くことができます。 

 

こちらのサイトを上手に使うことによって、読書レビュー記事は簡単に書くことができます♬

 

紙の書籍の場合

f:id:upokopokon:20170809213357j:plain

紙の書籍の場合は、kindleのようにハイライトした箇所を集約する場合、パソコンやスマホを使って文字入力をしていく必要があるため、手間や時間がかかります。

 

また、マーカーを引いた箇所が少しなら良いのですが、たくさんある場合だと結構時間がかかります。

 

そこで、ぼくが最近取り入れているやり方はGoogle音声入力」を使って、読書の最中に良いなと思った箇所を音読して文字に起こすやり方です!

 

この方法には2つのメリットがある思います。

  1. 自分が重要だと思った箇所を音読できるので、普通にマーカーを引くよりも知識の定着が測れる。
  2. 読書の流れを止めずに、重要な箇所を文字に起こせるので、読書に集中できるし、なおかつブログ記事を書く時間を短縮することができる。

 

みなさんも是非、読書レビューブログを書く際、紹介した方法を試してみて下さい♬

 

 

ではまた!

 

ご覧頂きありがとうございました!良ければブックマークお願いします♬ 

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com