四季こもごも

主にキャンプ、読書レビュー、グルメに関する記事を書いています。尊敬している人は高城剛さん♬

【バルセロナ旅行記7】バルセロネータでバルセロナの良さを強く感じた

読者・購読・フォロー

f:id:upokopokon:20170806200200p:plain

バルセロナの観光地と言えば、サグラダ・ファミリアグエル公園などのガウディ作品が有名ですが、実際にバルセロナ数日滞在していて、意外に面白かったのはバルセロネータでした。

 

今日は実際にバルセロネータへ行った時の事について書きたいと思います

 

地中海を一望できる「バルセロネータ」に行ってみた!

f:id:upokopokon:20170806200246p:plain

バルセロネータとはバルセロナの海岸地域のことです。

 

まず、バルセロネータに行ってみて驚いたことは、欧米のバカンスで来た人達の多さでした。

 

現地の方から「ビーチには特に北欧から来ている人たちたくさんいるんだ!北欧の人達は太陽に飢えているから、とにかく日光浴をしたいがためにビーチに来てるんだよ♬」という事を聞きました。

 

太陽に飢えているなんて、日本人からしたら考えられないですね。

 

また、運動している人もたくさんいました。

 

日本の海に行っても、運動している人と言えばせいぜいビーチでバレーボールやサッカーをしている人達くらいしか目に写りませんが、バルセロネータではランニングをしたりサイクリングをしたり、またスケボーやローラースケートをしている人など、とにかく運動している人の数が凄かったです。

 

また海の方を見ると、海で泳いでいるおじいちゃんやおばあちゃん達が沢山いました。

 

これまた、日本の海で、おじいちゃんやおばあちゃん達が海で泳いでいる姿などまず見ることはないので、その光景を見た時はすごく驚きました。

 

 

バルセロネータで感じたこと

 以前、こちらの高城剛さんの動画」を見た際、バルセロナの人々は、日本の人々と比べると収入は低いけど、日々を全力で楽しんでいる。」と仰っていたのですが、数日滞在してみて何となくですがその言葉の意味が分かるような気がしました。

 

人々がすごく明るいし、街を歩いていても近所の人同士で仲良く会話していたり、昼間からバルで普通にビールを飲んでいる人がいたり、なんか凄く日々を楽しんで生活している人をたくさん見かけました。

 

もちろん、たった数日間の旅でバルセロナの事を全てわかったはずがありません。

 

しかし、日本のようにせかせかしている様子は感じられず、皆穏やかに生活しているように思えました。

 

おそらく現在でも、日本人の方が収入の水準は高いと思いますが、幸福度については圧倒的にスペイン人の方が勝っているように感じました。

 

また、あれだけ運動している人が多い事日々を楽しんでいる人の多さを踏まえると、運動には物事をポジティブに考えられる仕組みが確実にあるのだと感じました。

 

もしかすると、日本で問題となっている「自殺率の高さ」も、単純に運動不足が影響しているのではないか?と考えずにはいられませんでした。

 

まとめ

f:id:upokopokon:20170806200310p:plain

思い思いに日々を楽しんでいるバルセロナの人達と、日本で朝から満員電車に乗って出勤しているサラリーマンが本当に同じ地球という星に生きている事実が不思議に思わずにはいられませんでした。

 

 

大きな期待を持たずに行ったバルセロネータが、僕にとって一番バルセロナの空気を感じれる場所となりました。

 

みなさんもバルセロナに行かれた際には是非バルセロネータへ行ってみて下さい!

 

ではまた♬

 

 

ご覧頂きありがとうございました!良ければブックマークお願いします♬ 

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com