四季こもごも

主に旅の情報、クレジットカード、マネー関係、読書レビューを中心の記事を書いています。尊敬している人は高城剛、CaseyNeistat♬

【長期使用レビュー!】Zwilling(ツヴァイリング)の包丁を三年間使ってみて感じたこと♬

読者・購読・フォロー

f:id:upokopokon:20170613211555j:image

ぼくは料理が大好きで、普段から料理を自分で作っています。料理をするにあたって必要不可欠な道具は多々ありますが、その中でも「包丁を使わない料理」というのはないのではないでしょうか??

 

そこで今日は、普段ぼくが使っているZwillingの包丁が、使用し始めてちょうど今日で3年経ったので、3年間使用してみてのレビューをご紹介したいと思います♬

 

1.3年前の今日、ぼくはツヴァイリングの包丁を買った!

f:id:upokopokon:20170613214013j:plain

今からちょうど3年前の今日、ぼくはZwillingの包丁を購入しました!以前は、1000円位の包丁をホームセンターで買って、切れ味が悪くなったら新しい包丁を買うという感じでした。

 

しかし、今から3年前に今の嫁さんと結婚・同棲をすることになり、「どうせならこれから先、末永く使っていける包丁が欲しい!」と思い、いろいろネットで良い包丁がないか探していたところ、偶然カズさんのこちらの動画を発見しました♬

  



「おー、なかなか良いじゃん!この包丁!ポチッ!(AMAZON)」

 

ということで、今から三年前にコチラの包丁をAMAZONで購入しました!3年間使ってみての感想は、最後にご紹介します♬

 

 

2.シャープナーは必須アイテム!

f:id:upokopokon:20170613212221j:plain

こちらのZwillingの包丁は、包丁だけを購入するのではイマイチかもしれません。なぜなら、しばらく使っていると切れ味が悪くなるからです。

 

なので、包丁を買う際はコチラのシャープナーも一緒に購入したほうが良いです。コチラのシャープナーを使うと購入したときと同じくらいに切れ味が復活します♬

詳しいやり方についてはコチラの動画をご覧ください♬



 

 

f:id:upokopokon:20170613212212j:plain

シャープナーには番号がふってあり、1が「荒砥ぎ用」2が「仕上げ用」となっています。

 

f:id:upokopokon:20170613214306j:plain

やり方は非常に簡単です。包丁をくぼみに突っ込んで、5〜6回程度包丁をスライドさせます。これを1→2の順番でやるだけです。そうすれば切れ味が復活します!

 

3.砥石もあればもはや言うことなし!!

f:id:upokopokon:20170613214533j:plain

シャープナーだけでも良いと思いますが、ぼくは砥石も購入しました。こちらの砥石は両面が砥石になっていて、片面が「荒砥用」でもう片面が「仕上げ用」になっています。 

 

シャープナーで包丁を研ぐだけでも切れ味はかなり良くなりますが、コチラの砥石を使って研いだ時の方が切れ味はさらに増します!

 

また、ぼくはキャンプによく行くので、キャンプの時に使うナイフ「モーラナイフ ヘビーデューティー」もコチラの砥石で研いでいます!ホントこの砥石はオススメです♬

 

 

f:id:upokopokon:20170613214821j:plain

「包丁の研ぎ方」も極めれば奥が深い世界ですが、ぼくの場合は単純に砥石を水で濡らして 包丁を前後に動かして研いでいくだけ。たったそれだけです!簡単♬

 

包丁研ぎの詳しいやり方については以下の動画をご覧ください♬



 

4.三年間使ってみて感じたこと!

f:id:upokopokon:20170613224915j:plain

実際に3年間使ってみて感じたことは、 以下のとおりです。

  • 手にフィットするデザインがグッド!
  • 適度な重さで、材料を切りやすい!
  • 研げば切れ味が復活するので、繰り返し使うことができる!
  • デザインもシンプルでカッコイイ♬
  • 初期費用は結構するが、長く使い続けることで愛着が湧く♡

他にも色々ありますが、結論から言うと3年前の今日、このZwillingの包丁をポチってくれた自分に心から感謝したいです。

 

なぜなら、3年後、つまり今の自分は、このZwillingの包丁を買って心から良かったと思っているからです♬

 

まとめ

f:id:upokopokon:20170613221513j:plain

ということで、今日はZwillingの包丁の長期使用レビューでした。

 

100均で買った包丁を使おうが、Zwillingの包丁を使おうが、出来上がった「料理の美味しさ」に違いというのはひょっとしたらないかもしれません。

 

ただ、僕たちは日々、他の生物の生命を頂いています。その大切な生命を頂く際、100円の安っぽい包丁でぼくは料理をしたくありません。

 

そうではなく、大事に長く使っている、愛着のある包丁で大切な生命を料理をしていきたいと思います。

 

あまり参考にならないかもしれませんが、良い包丁がないか悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

ではまた!

 

 

www.zwilling.com

 

 

ご覧頂きありがとうございました!良ければこちらの記事もご覧ください♬