四季こもごも

一度きりの人生において感じたこと、学んだことを記したブログです。

【すごく簡単】枯れ木から木製のスプーンを自作してみた!!

読者・購読・フォロー

f:id:upokopokon:20170529154109j:image

前々から「木製のスプーン」を自分で作りたいと思っていました。

 

そこでこの前、近くの森で拾った枯れ木から木製のスプーンを作ってみたので、今日はその時の作成風景をご紹介します。

 

1.用意するのは木とナイフ。これだけでOK♬

f:id:upokopokon:20170529154136j:image

 用意するのはこれだけです。これさえあればスプーンは作れます!!

 

木はなんでも良いと思いますが、できれば固い広葉樹の木のほうが良いと思います!また、今回ぼくは使いませんでしたが、作成する前にペンでスプーンの形を木に描いておくと、作る時に楽です♬

 

f:id:upokopokon:20170529154153j:image

まず、スプーンのざっくりした形を作っていきます。

 

最初から鉛筆をナイフで削るときみたいなやり方だと時間がかかるので、バトニングと呼ばれる方法で木を割っていきます。

 

バトニングのやり方については以下の動画を見ると分かりやすいです。



f:id:upokopokon:20170529154205j:image

こんな感じでバトニングしていきます♬

 

ぼくはバトニングが大好きです♬ずーっとやってても全然あきません(^^)v

 

 

 2.次は溝を掘っていく!!

f:id:upokopokon:20170529154215j:image

ざっくりとですが、スプーンの形を作ることができました。次はこのスプーンにくぼみをつけていきます!!

 


f:id:upokopokon:20170529155823j:imageくぼみ作りも同じくバトニングで行います。このようにナイフを斜めに入れて、バトニングしていきます!



f:id:upokopokon:20170529154333j:image
そうすると、こんな感じでくぼみをつけることができます。

 

とりあえず序盤は細かいことを気にせず、スプーンの大枠を作っていきます。
f:id:upokopokon:20170529154355j:image

 とりあえず、スプーンの大枠はできあがりました。

 

次は、残りの細かい部分を削っていきます!

 

 

 

 

 

3.自宅で細かい作業!彫刻刀があれば上手にできるよ♬

f:id:upokopokon:20170529160159j:plain

バトニングは自宅でやるとうるさいので外でやりましたが、残りの細かい作業は自宅でやることにしました。


f:id:upokopokon:20170529154628j:image

ナイフだけでも作れるんですが、彫刻刀があるとよりキレイなスプーンを作ることができます。

 

ちなみにこの彫刻刀は小学生の頃に学校で使ってたやつです!今でも現役です♬

 

 

また、仕上げにスプーンを木でこすると光沢が出るので、落ちてる木を一つ拾ってきましょう!!

 

(※作業が楽しすぎて、自宅で作成してる時の途中経過位の写真を撮るのを忘れてました…。すみません。)

 

 

 

 

 

4.完成!!上手くできたと思う!!

f:id:upokopokon:20170529162025j:image
f:id:upokopokon:20170529162046j:image

自宅でコツコツ削っていき、ついに完成しました!どうでしょうか??

 

ぼくとしては上手くできたと思います♬大満足です!!

 

 

 

ぼくは 毎朝フルグラを食べるので、その時にこのスプーンを使って食べたいと思います♬

 

 

まとめ

f:id:upokopokon:20170529162126j:image

実は一年ほど前に一度スプーン作りにチャレンジしたのですが…。その時、彫刻刀を左手の親指にザックリ刺してしまったトラウマがあり、それ以降チャレンジできずにいました。 

 

でも今回、こうして上手くできて本当にうれしいです(^^)v

 

メチャクチャ不器用なぼくでも作れました♬不器用かどうかは関係ありません。やるかどうかです!!

 

みなさんもぜひ作ってみて下さい!!

 

 

(ちなみに、ぼくはこちらの動画を参考にしました!)

 

 

ご覧頂きありがとうございました!良ければこちらの記事もご覧ください♬

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com