四季こもごも

一度きりの人生において感じたこと、学んだことを記したブログです。

私が思う、会計事務所への就職を決める前に知っておいて欲しい3つのこと。

読者・購読・フォロー

f:id:upokopokon:20160107184441p:plain

 

僕は新卒で約3年間、会計事務所で働いていたことがあります。

 

今日はその時に感じた3つの嫌だったことを紹介したいと思います。

 

これから会計事務所で働こうかと考えている大学生や社会人の方の少しでも参考になればと思います。

 

 

 

1.過去に社員から税理士になった人がいるか確認せよ!!

f:id:upokopokon:20170518201344p:plain

 

大学で簿記や会計学を学んだ学生に多いパターンが、会計事務所で職務経験を積みながら税理士の勉強をしようとするパターンです。

 

もし本気でこのように思うのなら、必ず入社する前に「従業員の方で税理士になった人はいましたか?また税理士の勉強をしている人はいますか?」と聞いて下さい。

 

 

これを聞かずに入社してしまうと、痛い目にあいます。

 

理解ある税理士が経営している会計事務所であれば、試験に合格させるよう、残業をさせないように配慮してくれたり、面倒を見てくれたりするかもしれません。

 

しかし、全く配慮のない会計事務所に入社してしまうと、日常の業務に追われて、とてもじゃないけど勉強する時間を確保することが出来ません

 

私が就職した会計事務所はこのパターンでした。。

 

「税理士になってやる!」っていう熱意はすごく大事ですが、やはり勉強時間を確保することが出来ない会計事務所では、税理士試験に合格する可能性は低いと言わざるを得ません。

 

ですので、入社前には必ず確認することをオススメします。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

2.社員の年齢構成にダマされるな!

f:id:upokopokon:20170518201553j:plain

 

私が大学4年の時に、この会計事務所が良いな!と思った理由の一つに「若い人が多くて雰囲気が良いな〜♬」というのがありました。

 

入社当時、おそらく社員は約20人位いたと思いますが、半数以上が20代の人でした。

 

ただ、入社して先輩からある話を聞きました。

 

「この会計事務所は、前は40〜50代のベテランの社員が結構いたんだけど、税理士や一部の意地悪社員のせいで、ベテラン社員や中堅社員が次々と辞めていったから、結果今は若い人たちしかいない職場になってしまったんだよ。」という話でした。

 

ベンチャー企業で若い人が多いというのなら問題ないでしょう。。

 

しかし、会計事務所への就職を考えているのであれば、その会計事務所の職員の半数以上が若い人の場合、何らかの事情がある可能性大です!!

 

 

会計事務所は、商品を仕入れて販売するような事業形態ではありません。

 

会計事務所において、商品というのは従業員です。経験ある従業員こそが最も大事な資産なはず!!

 

 

その会計事務所にいる従業員の経験や力があればあるほど、その会計事務所の価値・実力は高いものと言えると思います。

 

逆にベテランがいない、若い人中心の会計事務所では、深い知識を持たないまま担当者として働かされるので、事務所のレベルは低いと言わざるを得ません。

 

 

もし、企業訪問や面接等でその会計事務所に行く機会があれば、従業員の方達の年齢構成を聞いてみることをオススメします。

 

 

 

 

3.「ワンストップで何でもやります!」というキレイな罠!!

f:id:upokopokon:20170518202741j:plain

 

「当事務所はワンストップサービスを提供しております。会計や税務はもちろん、給料計算や保険などお客様のそばに寄り添ったサービスを提供しています!!」

 

会計事務所のホームページを見ていると、よくこういったサービスを売りにしている会計事務所があります。

 

ワンストップサービス。なんか響きがカッコイイですよね♬

 

でも考えてみて下さい。

 

この会計事務所に入ったら、あなたがそのワンストップサービスを提供する立場になるんですよ!?

 

会計や税務だけでもかなり難しいのに、その上、労務関係に保険の勉強まで。。

 

 

これら全てカバーするのは相当ハードルが高いと言わざるを得ません。

 

 

これら全てのサービスを高い水準でお客様に提供するのはまず不可能です。

 

結果、全ての知識が浅いものとなり、お客様に何か聞かれても、自信を持って答えることができない担当者が出来上がります。 

 

 

結局、僕が会計事務所を辞めたのも、この理由が大きかったと思います。

 

広く浅い知識しか提供することができないのに、お客様から月に何万円も頂くことに凄い罪悪感を感じたのです。

 

まぁ僕の頭の悪さにも原因はあるのですが。。。

 

(※もちろん世の中には、きちんとワンストップサービスを提供できている会計事務所もあるので、全てがそういう会計事務所とは限りませんのでご注意を!!(笑))

 

 

また、税理士を目指している方であれば、こういった会計事務所への就職は避けたほうが良いと思います!!

 

こういった事務所で、代表の税理士が求めているのは売上です。

 

おそらく社員が税理士になることなんてどうでも良いはずですからね。

 

 

 

まとめ

f:id:upokopokon:20170518204703j:plain

会計事務所は代表者の考えや性格が大きく影響する職場です。

 

また、家族が事業専従者や役員になっているため、家族経営の色が強いということも言えます。

 

なので、その代表者や家族等と会う合わないかが非常に大事になってきます。

 

このブログを読んでくれた方が、良い会計事務所へ就職し、夢を叶えてくれることを願うばかりです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ご覧いただきありがとうございました!良ければコチラの記事もご覧ください♬

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com

www.shikikomogomo.com